| お問い合わせサイトマップリンク


       
2006年9月 2008年9月 2009年9月 2012年10月

建物の左側がタウンガード加工済
紫外線劣化から木材に最適な紫外線コントロールを実現しました。



次の材質に効果を上げています


・木製品(特に外壁)・竹製品
・土壁・漆喰壁

・畳・クロス・カーテン
・紙製品(和紙造形・掛け軸・障子・その他)
・布製品・バックなど
・革製品・その他


               
          タウンガード加工済            未加工           タウンガード加工済             未加工

土壁


カーペット


新聞紙



より長く、美しく


永年のテーマである質感・風合いを変えない防汚・撥水・撥油に弊社は挑戦を続けております。
現在、幅広く、多目的に対応し、より長く、美しく御利用していただける塗膜を造らず通気性の有る浸透型「タウンガード」
(防汚、劣化防止、撥水、撥油、日焼防止、防黴、防藻、抗菌、防塵剤)を発売致しております。
お客様のご要望に応じた、二次性能・機能効果について、ご相談させていただきます。
皆様のお問い合わせ、御質問、ご要望を心よりお待ち申し上げております。


木材暴露試験  継続中 杉板撥水ビデオはこちら 約39.7mb

米松 (3年経過)

檜 (1年経過)

杉 (1年経過)

土壁・漆喰壁
土壁撥水ビデオはこちら 約32mb / 漆喰撥水ビデオはこちら 約35.7mb / 検証動画(YouTube)

土壁

漆喰壁

本聚楽壁

土壁暴露試験
斜め45度南向き8年経過、未加工は崩れているが加工済は崩れていない(2015年10月現在)

未加工

タウンガード加工


「タウンガード」の開発について


木材は、水分状態の変化、紫外線、埃などに伴い寸法変化を起こしたり、様々な性質が様々に変化します。
その事が利用上のトラブルの原因と為る事が多くあります。
造膜型の塗料は屋外で使用すると多くの場合、数年で変色したり、塗膜の割れや剥離が発生します。
幼少から木を見て、育った私は、木って何故こんなに日焼けするのだろう?、何故こんなに染みが出るのだろう?などなど、
サラの木の風合い、それぞれの素材が持つ質感・風合いがいつまでも美しく保てたらいいのにと考え、
そこで弊社は、素材が持っている質感・風合いを長く保つように「タウンガード」を開発致しました。


タウンガードの撥水角(接触角) 蓮の葉のCG
撥水角138°〜155°
超撥水は150°以上を言う
ウィキペディア フリー百科事典 ロータス効果より



左官業界に於いて


近年、土と水の配合、こね方、こねた物の貯蔵期間、場所など、色々な問題があり技術の伝承が段々と難しくなってきている事は
ご承知だと思います。又、地方地方により技術の差が多く見受けられます。 (京大での実験で確認)
そこで、技術の手助けとして「タウンガード」で”化学装飾”する事をお勧め致します。


既存の撥水・撥油剤でお困りの方・満足されておられない方、御社の為の個別撥水剤を承ります。



(一社)日本塗料工業会証明書(PDFファイル) F☆☆☆☆ T32001
(一財)日本食品分析センターよりマウスを用いた急性経口毒性試験結果(PDFファイル) 第16005638001-0101号




タウンガード商品案内ショップ施工例会社概要


〒615-8245 京都府京都市西京区御陵大原1番地39 京大桂ベンチャープラザ南館 2202号
Tel 075-382-3501/ Fax 075-382-3502